【オンライン研修案内】経理DX実現のポイント~改正電帳法とインボイス制度で見直しを迫られる経理事務!今、何に取り組むべきか?


開催日(期間)

2022年3月10日(木)14時00分〜15時30分

開催地

オンライン開催

プログラム

​<1>改正電帳法とインボイス制度のポイント

<2>これからの経理事務のDX化

<3>ケース・スタディ

<4>まとめ(今、何に取り組むべきか)



「改正電子帳簿保存法」が今月より施行され、帳簿書類を電子的に保存する際の手続が抜本的に見直されました。具体的には電子化の要件が大きく緩和された一方、メール等でやりとりした請求書等の電子取引データを電子保存することが義務化され、2023年12月までには完全対応が求められます。また2023年10月にはインボイス制度の導入が予定されており、請求書発行や受取の事務に大きな影響が見込まれます。


これらの改正法のポイントを解説するとともに、経理事務のDX化をどのように進めていくべきか、今何をしなければならないのかを、自らの実務経験に基づき、わかりやすく解説します。


主催

辻・本郷 ITコンサルティング株式会社​/株式会社インソースデジタルアカデミー

参加費

5,500円(税込)

定員

なし

講師

猪野 茂

辻・本郷 税理士法人 特別顧問)


鬼澤 英

(辻・本郷 ITコンサルティング株式会社 取締役)

備考

Zoomを利用したオンライン研修です

受講にはインターネットに接続されたPCが必要です