自動車配車システム開発

 業務プロセスの大半が紙ベースで行われ、拠点毎に個別のシステムで情報が分散した状態で運用していたため、最適な配車、人員配置計画が迅速に行われず、会社全体の状況をリアルタイムで把握することも困難でした。また、各部門でシステム連携が取れていないため、それぞれの情報が独立していました。クラウド型システムの導入により、熟練者以外でも配車業務が遂行出来るようになりました。従来の業務フローは変えず、担当者に受け入れられやすいシステム導入を意識しました。