電子帳簿保存法に対応したコンサルティングサービスをご提供



電子帳簿保存法対策 電帳法改正・電子保存の準備はできていますか?

電子帳簿保存法とは、国税関係帳簿書類の保存に係る負担を軽減するため、電子計算機を使用して作成する国税関係帳簿書類の保存方法について、電子データでの保存を認めたものとなります。 2022年1月、この電子帳簿保存法が改正されます。 今回の法改正によって電子データでの保存方法が大きく変わります。業務負担を軽減することを目的としていますが、電子取引に関しては電子保存が義務化されました。 「どのようなものが電子取引にあたるのか」、そして「どのような対策を講じればいいのか」解説します。


詳しくはこちらのページをご覧ください。