会社

システム導入事例

サービス

WEB会議システムの導入

システム開発・導入

​AIプラットフォーム

AI OCR

​〒160-0022 東京都新宿区新宿4丁目1番6号 JR新宿ミライナタワー28階

Copyright © Hongo Tsuji IT Consulting All rights reserved.

​従来型とは一線を画すエンドポイントセキュリティ「AppGuard(アップガード)」

最新のランサムウェア、ファイルレスマルウェア、

未知のマルウェアが企業規模に関係なく猛威を振るっている昨今。

 

AppGuard(アップガード)は、

従来の検知型エンド・ポイントセキュリティでは防げない最新の脅威に対しても、

AppGuardだけの特許取得済み「Isolation(アイソレーション:隔離)技術」により、

マルウェアの挙動を制限し、PC内で動けない状態にすることによりマルウェアを無力化

そしてシステムの安全性を確保します。

 

最新のランサムウェアや未知のマルウェアによる脅威からシステムを守り続けます。

​動画はこちら

https://goo.gl/NwbfAU

平成30年度版 内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)ガイドライン 完全適合製品

AppGuard(アップガード)は、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)が発表した

「政府機関等の対策基準策定のためのガイドライン」(平成30年7月25日発表)に適合した製品です。

 

最新のランサムウェア、ファイルレスマルウェア、未知のマルウェアによる被害が飛躍的に拡大している中、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)もセキュリティ方針も転換せざるをえない状況にあります。「多層防御」を提言していた平成28年からわずか2年で、多層防御でも守り切れず被った被害の拡大という事実を受け、平成30年7月、未知の不正プログラムに係る被害の「未然防止」「拡大防止」策の導入を遵守事項としてガイドラインに織り込み、統一基準の見直しをされました。

AppGuard(アップガード)は、特許取得済の「Isolation(アイソレーション:隔離)技術」により、

まさに不正プロセスの未然防止が可能です。また、不正プログラムの実行を阻止します。

​「シンプル」&​「イージー」

PCにインストールするだけ

過去20年破られたことのない防御力

未知、ゼロデイ、ランサムウェアなどの最新攻撃から守る

不正な行為を未然に阻止

​✔システムの安全性を確保

​✔運用コストの削減

​軽くて軽快な動作

エンジンは、1MB以下

スキャン無し、軽快「サクサク」動作

​✔業務への影響無し

​✔プロセッサへの負荷が最小

​アップデート不要

​✔定義ファイルのダウンロード不要

​✔AIエンジンのアップロード不要

常時ネットワーク接続不要

​✔人に依存しない、運用の簡略化

​業界初!!独自のサイバー保険付

「破られない自信があるなら万が一の補償も!」というお客様の声にお応えして、AppGuard​(アップガード)にサイバー保険を付帯!

大規模なDDos攻撃、ゼロディ攻撃(未知のウイルスからの攻撃も含む)を起因したサイバー攻撃の被害を補償

1ライセンスにつき最大500万円、支払上限額5億円まで補償